借金整理のデメリットについて知っておく

借りたお金を清算できる債務整理ですが、不利にはたらくこともあります。
よく言われるのが、金融事故歴アリとして信用情報機関に登録されることです。

つまり、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなります。
自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、どのような方法で債務整理を行ったかで借り入れ制限の期間が5年から10年と異なり、一律ではありません。

借金の整理をすると周りの人に影響があるのかという問題ですが、あくまで債務者本人の債務が対象になるので、たとえ婚約者がいようと特別な注意は必要ないでしょう。
債務整理をしたからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担指せられる可能性は一切ありませんから心配は無用です。けれど、相手の気持ちとして、婚約者が債務整理をしていることを好ましいと思う人は少ないでしょうから、きちんと事実を相手に話し、結婚へ進みましょう。債務整理の中でも、破産、民事再生、任意整理は個々に独自のメリットを持っています。 自己破産については借金すべてから自由になりゼロからの再出発が可能です。

第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は残ったままです。
任意整理では月々の返済額が債権者との話し合いで決定され、加えて借金の利率や借りていた期間次第では過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

債務を整理には、債権者への支払いが済んだ借金の不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。

この請求を行うには、その当時の借金額や取引の履歴が残った書類が欠かせません。取引の履歴に目を通して、利息を正確に算出できるので、不要だった分の利息をを返してもらうことが出来るでしょう。 借金の返済が不可能